デザイナーの人と話をすると、共通言語が多いからか
楽だと感じる事があります。
もちろん好きな人、嫌いな人はいるけど。
それとは別に楽だと感じる

あー、この楽は
夏冬の海の舞踏会行ってる人」と
話をするのに似てるかも

 

深いジャンルなんかの話やスタンスの話になると、
その人のこと、好き嫌いになってくる辺りも(苦笑)

 

 

そんな楽なデザイン事務所から
割と普通の会社組織に入って、普通に販促の仕事をしたら

サギ師」と呼ばれました。

いい意味ですよ。と言われましたが、
全く意味がわかりません。

 

確かに私は、エディトリアルやパッケージ出身の
デザイナーの人と比べて
販促より広告よりの考え方らしいので、
やりすぎてるのかもしれない。と思い。

自分の中で一歩、もう一歩と
手前で留まってるつもりなのに

未だに、詐欺師です。

せめて、錬金術とか行って欲しいなあと
思うのだけどな。