f:id:tomoko196609:20170808210152j:plain

 

眼科に行きました

 

以前、母が眼科に行った(らしい)という

ことを書きました。

その時、台風が来ていました。

 

 

www.tomopy.xyz

 

 

今回は私が眼科に行きました。

そして

台風が来ました。

 

同じようなメールが母から来ました。

何となく、歴史は繰り返しています。

 

 

予約をしてありましたし、まだそれほど

雨は強くありませんでした。

なので、病院へと向かいました。

 

駅までは自転車です。

節約と運動をかねています。

バス停までの距離は結構あるので

どちらにしても楽ではないのです。

 

ところが

 

出掛けたあたりから、雨の勢いが

強まってきました。

 

台風を甘く見てはいけません!

 

ズボンや靴が

ずぶ濡れです。

 

メガネも濡れて、前が良く見えません。

 

やっと駅に着き、自転車を置き、列車に乗り… 

 

そして、駅から歩いて病院に到着。

 

病院の冷房のおかげで

ズボンは乾きましたが…

 

寒かった。

 

 

検査はこんな感じです

 

まずは視力検査です。

 

「輪っかが わかりますか」

…わかりません

 

「今度はどうですか」

…どうでしょう…2つあるような?

 

「これは」  右

「これは」  左…のような

「これは」  真ん中…かも

 

何だか頭も悪いかも。

 

 

左目の眼圧は2回測定。

 

「うまく測れていませんでした」

呼び戻されて、再度測定。

 

「うまく測れていませんでした」

検査室の外の待ち合いで

謎のハンディーな機械で測定。

 

一発撮りOK。

…検査室の意味がない。

 

検査のための目薬を挿されるも

15分後

「追加しますね」「もう一度お待ちください」

 

take2出ました。 

…私、寝ると思います。

 

 

検査はこれからが本番です

 

先ほどとは違う検査室です。

中は暗いです。

 

何となくカンで

椅子や荷物用のカゴを避けながら

機械の前に座ります。

 

顎を機械に乗せようとしても

高さが合いません。

 

次の瞬間、やたら高い椅子が登場です。

 

このような規格外事件は頻発します。

証明写真を撮った時もそうでした。 

 

www.tomopy.xyz

 

椅子が合えば検査開始です。

 

「青い光を見てください」

「もう少し上を見てください」

「そこそこ!」

「そうそう、そのままじっと!」 

 

おかしくて、笑いそうです。

 

「次はこちらに座ってください」

「まばたきしないでください」

「我慢してください」

 

そう言われると、我慢しづらくなります。

でも、NGは出せません。

 

「今度はこちらです」 

 「お顔が歪んでます」

 

もともとかも知れません。

可笑しくて、もっとおかしな顔になります。

 

一つ一つ、機械の調整に時間がかかるも

そんなこんなで、やっと終了。

 

「お疲れさまでした」

 

…そちらこそ

 

 

その後、前回のように会計を待って

支払って帰ることになりました。

 

www.tomopy.xyz

 

自転車を置いた駅に着くと

雨はさらに激しさを増していました。

 

Its raining cats and dogs  …どしゃ降り