弱い心が

2017/11/12

わたしの弱い心は

やはり

食べるラー油を求めてしまった

こんどは こころもち 控えめに

ね・・・・

ハァハァ

やっぱり 元気がちょっと 出てきますね・・・・

おいしいのう

今日は 公園でバトミントンをしていたけど

あまりに寒くて 疲れて

すぐ終了

やっぱり運動 好きじゃないんだなあ

帰りに寄った喫茶店で

この本がありました

ベストセラーになった レシピの本

でも・・・

わたしには違う気がします

油をなるべく使わないようにする なんて

わたしには さみしい

不思議なほど 大人になって「油もの」が好きになりました

夕食時 

ブリの皮は もらうし

鳥の皮も もらっちゃいます 

ピーナッツバター ぺろぺろするし

食べるラー油は心の友

油もの ばんざい

化け猫の才能がありそうなわたしですにゃ

曇っていて 本当に寒い日でした

寒いと元気が出ませんね

あんまりどこかに行くような気にもならず

ゴロゴロ ゴロゴロしています

わたしは一生 

油を舐めながら

ゴロゴロ ゴロゴロして過ごすのかなあ

それとはぜんぜん関係ないのですが詩を書きました。(↓)

=================================

「 か た し て 」

かたして かたして 

そんな言葉を当たり前のように使っていたのは

もじゃもじゃソテツの木の下で

5歳の頃

ねえ かたして と

はずむ息

同じ団地の友だちを追いかけて

かたして わたしも ねえ

しろつめ草のネックレス

とら猫たちのお散歩道

かたして かたして

スイミングスクールの帰り道

ピンクの長靴に元気があふれている

大濠公園の丘の上で

それから関東に来たわたし

その言葉は関門海峡の向こうに置いてきてしまった

かたして

いや 時に 使うこともある

雑誌とレコードで散らかったお部屋を

ほら かたして と

ため息で

はやく かたして

カラーボックスのぬいぐるみ

引き出しに詰め込んだ鍵つきの日記帳

クラスで気に入らないあの子

苦手な地理と世界史の試験

かたして かたして

重い足取りで階段を上がりながら

枯れ草も 落ち葉も

かたして

そしていま

にぎやかな集団の前で

立ち止まって浮かぶ言葉は

「わたしも仲間に入れてください」

細い息で

「わたしも仲間に入れてください」

それは

鉄と鉛で出来たネックレスみたいな

標準語です