初夏の音茶汰

2018/01/07

こんにちは◎

お絵菓き担当です!

 

さて今日は、5/27(土).28(日)に渡邊邸で行われる《初夏の音茶汰》のご案内です◎

f:id:nishiuradaniflat:20170525161612j:image

※当店は27日(土)のみの出店です!

(西浦谷フラットは通常営業)

 

キャンドル、冷たいお飲み物(チャイ、コーヒー、レモンスカッシュなど)、焼き菓子を販売予定です◎

f:id:nishiuradaniflat:20170525161633j:image

 畳のお部屋で庭園を見ながらお茶^^

ぜひ、のんびりと過ごしていただければと思います◎

 

 

とりあえず実装してみた。


BigIntegerCacheとBigDecimalCache。
Sunのクラスと、ほぼ同じ作りだが、BigDecimalCacheはBigIntegerCacheの依存させている。メソッドは基本的にvalueOfのみ。


キャッシュを考える時、それがヒープを抑えるためのキャッシュか、速度を速くするためのキャッシュかの違いを意識する必要がある。
僕が今回目指してるのは速度を速くするキャッシュで、ヒープを犠牲にする。


とりあえず、Mapでキャッシュさせるアプローチもしたのだが大失敗でした。なので、配列でキャッシュさせるやり方に戻した。
Mapだと機能は満たせても、速度は満たせない。MapのKがLongかIntegerなりになるのだが、キャッシュを探すのに、キャッシュが存在してないLongなりIntegerのオブジェクトを生成してしまうし、キャッシュヒットするならまだしも、ヒットしないこともある。


Mapでキャッシュさせる時のべからずを得た。
ちなみに、Classをキーにするような奴は大丈夫。getClass()は速い。


今回ので、-10000〜10000までのBigIntegerとBigDecimalをキャッシュさせてみたが、こんなにキャッシュするのはアホらしい。
やはり、BigDecimal.ZEROのような定数宣言の形式にするのが良いだろう。

f:id:brachiodesign:20170809164208j:image

青森のソウルフードと言えば『味噌カレー牛乳ラーメン』があげられる。

 

まだ食べたことがない方は是非食べて見て欲しいところ。

 

そんなソウルフードな味噌カレー牛乳ラーメンですが、青森市内で数店舗たべられるお店があります。

 

本家本元の大西のほかにも、のれん分けしたのか何だかわかりませんが、その流れをくむお店がいくつかあって、微妙に違いもあります。

 

蔵、かわら、札幌館とかそれぞれ違いがある。

 

我が家ではもっぱら『かわら』に行くことが多いです。

子どもたちが、かわらを好むからと言うのが一番の理由ですが、子どもなりに何か感じるとこがあるんでしょうね!

今年はお菓子の材料に使う以外、市販のアイスを1度も食べていません。かわりに色んなアイスの作り方を試しています。その中でスプーンがすっと入るアイスの作り方を記したいと思います!


f:id:ikashiya:20160806085113j:plain

スプーンがすっと入るアイスのレシピ


材料


・卵 1個
・砂糖 10g
・牛乳or豆乳 50~60g


材料はこれだけ!あとは容器としてタッパーなどをご用意ください。卵1個から作れます。もちろん2倍量でも3倍量でもどうぞ。


バニラ風味がよければバニラエッセンスをどうぞ。あれば入れたほうが美味しく感じます。入れすぎると苦味がでるので2、3滴程度です。


作り方


1. 卵を卵黄と卵白に分け、卵白を泡立てメレンゲをつくる
2. 卵黄・砂糖・牛乳or豆乳を混ぜたものにメレンゲを加えて混ぜる
3. 容器に流し入れ、一晩冷凍庫で冷やして出来上がり!


f:id:ikashiya:20160731214901j:plain

f:id:ikashiya:20160731215240j:plain


メレンゲはしっかりと立てて、合わせる時もしっかりと混ぜてくださいね。混ざりが甘いと分離して2層になっちゃいます。


f:id:ikashiya:20160730180052j:plain

f:id:ikashiya:20160730074643j:plain

f:id:ikashiya:20160731120811j:plain

f:id:ikashiya:20160818080433j:plain


逆に2層になることを見越してフルーツを加えて、2層のフルーツアイスにもできちゃいます。綺麗に混ざるのが理想ですが(笑)。フルーツが重さで沈み、かつ上には風味をうつし、食感の違いがでます。キウイやバナナなどでよく作っています。


市販のアイスクリームより少し柔らかめで、スプーンがすっと入ってくれますので、冷凍庫から出してすぐにパクパク食べられます。材料も少なく、メレンゲを立てるモチベーションさえあれば工程も少ないので(笑)、是非お試しください!

4月前半にしだれ桜を見に行った真福寺(過去の日記)には、桜の他にイトヒバタブノキという巨木がありました。
お寺に入ってすぐ正面にある大きな木がイトヒバです。市指定の天然記念物です。
f:id:yummy21:20120409112054j:image:w300
幹囲2.9メートル、樹高約16メートルあります。樹齢について記載はありませんでした。
f:id:yummy21:20120409112103j:image:w360

f:id:yummy21:20120409114925j:image:w300

境内の裏手に回るとお墓があり、その敷地に立っているのがタブノキです。
こちらも市指定の天然記念物です。
f:id:yummy21:20120409114725j:image:w360
幹囲4.6メートル、樹高約25メートル。
f:id:yummy21:20120409114701j:image:w400
枝張り状況が東西25メートル、南北25メートルとかなり広がっていて元気がいいです。
f:id:yummy21:20120409114737j:image:w360
葉も青々と茂っています。
全体像を写した写真が一枚も無かったことに気がつきました!
f:id:yummy21:20120409114834j:image:w300

明後日は、いよいよ「メディカルハーブ検定」試験日です

あまり知られていないけれど、「無量大数」とは数の単位。



最も大きな単位である。



一十百千万十万百万千万一億十億百億千億一兆十兆百兆千兆一京十京百京千京一垓・・・その最後であり、数えられる最も大きな単位(10の68乗)を「無量大数」と呼ぶのだそうだ。



一時期は世界一のスピードを誇った純国産スーパーコンピュータ「京(けい)」も3位に転落してしまった。



先日その百倍の性能を持つスーパーコンピュータの開発に着手するという記事を目にした。



いつになるのか、開発費用がどれだけかかるかは想像もつかないけれど、無量大数の計算が瞬時にできることを目指し、無限の努力を重ねていくことは人間の使命であり、宿命なのではないかという気がした。



それは2番じゃいけないとか予算の問題ではなく、進化を希求する人間の不可思議の一つではないだろうか。
(実は「不可思議」は「無量大数」の一つ前の数の単位でもある。10の64乗。何とも「不可思議」なこと)



※とてもシンプルでわかりやすいサイトを見つけたので勝手に紹介させていただきます。
http://www2.ucatv.ne.jp/~jay_ion.sun/write%20file/sugaku/01%20tani.htm

正直、悪戦苦闘している。



とりあえず分かったこと。
iptablesコマンドではなく、lokkitコマンドを使うことにした。正直これでいいのか自信はない。


iptablesコマンドでは、/etc/sysconfig/system-config-firewallファイルまでは書き換わらないようだ。
そのせいでGUIで見ると反映されておらず、首を傾げてばかりいた。


WASは腐るほどポートがある。
それにサーバーが増えるとそれだけ穴を開けないといけなくなる。
困った。


仕方ない。
jythonスクリプトを書いてみる。
serverindex.xmlを舐めればいい。
注意しないといけないことは、そのホストに関するポートか、UDPか、IPv6かの最低3点は押さえておく。

ノード内の全てのサーバーの情報をマージするのは諦めた。
サーバー単位でファイルを作る。


それらのファイルを次のコマンドで組み込む。
sudo lokkit --update --custom-rules=ipv4:filter:ファイルパス
今回はIPv6は開けないつもりだ。


ファイル名は、次のようにする
ipv4_filter_addon_was_サーバー名
あとでループで回して、上記のコマンドを流すのには、前方一致しやすい名前がいい。


個々のファイルでは、まずユーザー定義チェインを作成して、最後にRETURNという構成にした。
無駄が多いが、ガチ性能を求めてないので、これでいく。


おっと、一つ盲点があった。
デバッグポートを開けてない。
7777だけ開けてあげるか。
あとは、HealthCenterの探索ポートはどこからだっけかな。
後回しにしとくー。


socket.gethostname()を使って、別ホストを弾くことができるだろう。今回は別ホストはないトポロジーなので組み込まない。


作り出すファイルには、エンドポイント名をコメントで残しておく。
サーバー名も分かり、エンドポイントも分かり、ポート番号も分かるようになる。


あと、WASをLinuxサービスにすることも試してみたが、諦めた。
プロファイル作成時にサービス登録するオプションをつけると、/etc/init.dにファイルができる。
ただし、chkconfig --addしたところで、ポート番号が分かる代物ではないように見えた。
一般的なサービスは/etc/servicesにポート番号があるからいいけど、そこは書き換わってないんだから。


jythonスクリプトでどんなことを書いていたかを日本語で書いてみる。
サーバーエントリをリストして、
その文字列を改行コードでスプリット。
個々のサーバーエントリの構成IDから、サーバー名を取り出してお取り置き。サーバー名を元にファイルオープンして、中身にユーザー定義チェインのところを書き込み。
サーバーエントリからスペシャルエンドポインツ属性を取ってくると、[]付きで返ってきてたはずなんで、先頭末尾を除外したのちにスペースでスプリット。
スペシャルエンドポイントからエンドポイント名を取ってくる。
スペシャルエンドポイントのエンドポイント属性を取ってきて、そこのポート属性からポート番号を拾う。
エンドポイント名にUDPやIPV6が含まれていたら、ファイルへの書き方を変えるか、書かないようにする。
最後に-j RETURNする行を追加してクローズ。
ごめんなさい、例外処理は書いてない。

日本語で書くと酷いなw


本番環境で使える代物じゃない。
開発環境だけど、ファイアウォールをオフにしない人たち向けだ。


これ、RHEL7ではやれないだろうな。
その代わりに叩かないといけないコマンドを作成してあげるか。




実際ボクにとっては関係の無い日w

後期受験発表によって学校に登校した後、出席をとって放課となりました!

おかげでボクは家でぬくぬくしていられましたw

これも後期受験者のおかげDA☆(

そういえば、後期受けて落ちた人で私立の併願が無い人って...やっぱ浪人なのかな?

明日そうなった人がいるか調べてみよww

そしていじr(((

そういえば、そういう人たちって、卒業式を迎えるのってどんな気分なんだろう?

やっぱorz←になっているかな?

是非とも観察s(ry

考えてみたら卒業式ってあと3日かぁ〜

学校に通える日にちも後わずか...

なんかもやもやするな〜

よく分からない感情に駆られてき始める自分...

とりあえずクラスで何かやりたい...

何やろう?(グゥゥ...((

でわ×2